Kuma Lab

学んだことをつらつらと。

ITパスポート等身大の合格日記~合格までの流れ

f:id:bamboocreater:20170718150919p:plain

ITパスポート(略してiパス)は、「ITを利活用するすべての社会人・学生が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験(公式サイトより)」です。
ITの分野に少しでもかかわる社会人や学生であればこのくらいは知っておかないといけないですよね?という試験。
 
ITパスポート合格記事はたくさんあります。最短〇〇日で取得!とか、満点合格の勉強法!みたいな記事があるので、へーすごい人もいるものだなぁ、と思いつつ、マイペースに勉強を進めようと考えている人に届けたい、そんな合格記事です。
 
そもそも私が合格した時の成績は1000点満点中700点です。なので、合格しましたが決して自慢できるような成績ではありません。なので、記事のタイトルに「等身大」と入れました。

f:id:bamboocreater:20170718152305p:plain

 
取得を会社で急かされているとか、絶対に満点を取ってやる!と思っている人にとっては物足りないかもしれません。
そもそも私の場合、ITパスポート受験も、その知識は結局、FE試験(基本情報技術者試験)の時や、AP試験(応用情報技術者試験)に向かう基礎知識として必要なのだから、勉強するのであれば、先を見越した勉強をしたいなと思い、始めました。
 
ちなみに、前回こんな記事を書いていますので参考までにどうぞ。
 
目次
合格までにかかった費用
 
まずは、勉強の前にそもそも教材などを揃えないといけませんから、結局ITパスポート合格までにいくらかかったの?というところからお伝えします。
 
基本教材:2030円
受験料:5700円
合計:7530円
 
基本教材はこちらを購入しました。
キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成29年度

キタミ式イラストIT塾 ITパスポート 平成29年度

 

 

まずは、備えるべき知識の概観を頭に入れるためにイラストなどで読み進めやすい教材ということで購入。購入してすごくよかったです。結局、決めていたページ数以上を毎日読み進めることができて、予定よりも早くクリアできました。
 
過去問は書籍も売っていますが、過去問道場で十分合格できます。受験前の最終成績は初段まで上がっていました。

f:id:bamboocreater:20170718151635p:plain

 

ちなみに、過去問道場のサイトを参考にすると、初段はそこまで少数というわけではないですね。600問前後を実施すれば到達するようです。

f:id:bamboocreater:20170718152032p:plain

 
ITパスポートの一番のハードルは「受験をする」ということだと他の合格ブログで見たことがあります。実際、IT関連の資格試験で初めて受験をするという人も多いと思いますし、そういう意味では実際に自分でお金を払って、受験日を決めて、当日ちゃんと受けに行くということが案外ハードルが高かったりします。
 
合格までにかかった勉強時間
 
続いて、受験本番までの勉強時間です。
基本教材:書籍名は目次を参考に74項目ありました。1日3項目ずつ読み進めて、約25日で完読できます。実際に、3項目というのは毎日負担なく勉強し続けることができる目標として個人的なイメージで掲げたものなので、人によってはもっと増やしていいと思います。実際に読んでいる時間は毎日15分~30分程度でした。最終的に、この書籍が面白くて、次々進めることができましたので、平日毎日30分を15日程度で読み終わりました。
 
過去問:休日土日100問×3回行いました。最終的に3週間ほどで受験本番に臨みましたので、土日で合計6回(最終的に18回)解きました。過去問道場のいいところはID登録すれば、間違えた個所や達成率などをグラフ化してくれるので復習がとてもしやすかったです。ID登録は必須です!
 
ここまでをまとめると
 
教材:30分×15日=7.5時間
過去問:週末土日合計600問(1回60分)=18時間
合計:25.5時間
 
とにかく、必死に勉強をしまくって取得するような資格試験ではない気がします。あくまでIT業界の入り口に立つような試験なので、毎日少しずつ無理なく進めてください。
 
最後に受験前、過去問道場の間違えた問題だけを出題してくれる便利機能があるので、それで復習してから臨むようにしてください。
 
最後に
 
ここまで、費用と時間を書いてきました。実際に合格までに必要な勉強時間や費用には個人差がありますのっで、必ずしもこれが全てというわけではありません。一番大切だと思うのは、「細く長く続ける」ことだと思っています。一気に集中して学ぶことも大切ですが、先々を見越して少しずつ知識を自分のものとしていくためにも、毎日無理しないペースでコツコツ続けていくことが大切です。
 
これからITパスポートへ挑戦しようとしている方に少しでもお役に立てれば幸いです。
 
読んでいただいてありがとうございました。