Kuma Lab

楽しい学びの軌跡の記録

<10月読書記録> 何か目的を持って読む本を選別しないといけないと思った1ヶ月

f:id:bamboocreater:20170829094241p:plain

こんにちは、KumaLabです。
10月に購入及び読了した書籍をまとめてみました。

購入した書籍:5冊

1冊目:社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」

NPOというものがまだまだボランティア的なニュアンスが強い日本で、TFTの取り組みを概観だけでも知ってみたいと思い購入。

 

2冊目:親鸞(しんらん)(上) 【五木寛之ノベリスク】

親鸞の生涯を描いた小説。最初は親鸞について知ることができればいいなと思い購入しました。結果的にとてもエンターテイメント性に富んでいて、すぐに読み終わりました。

 

3冊目:マンガでわかる統計学入門

マンガでわかる統計学入門

マンガでわかる統計学入門

 

統計について少し考えさせられる時があり、きちんと学んでいきたいと思う前提に、入り口として買ってみました。

 

4冊目:続・終物語 <物語> (講談社BOX)

続・終物語 <物語> (講談社BOX)

続・終物語 <物語> (講談社BOX)

 

やっと終物語の続を購入。

 

5冊目:数学ガールの秘密ノート/やさしい統計 (数学ガールの秘密ノートシリーズ)

 統計関連で数学ガールのシリーズにあったことを思い出し購入。

読了した書籍:4冊

1冊目:ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

ワーク・シフト ─孤独と貧困から自由になる働き方の未来図<2025>

 

 1カ月半かかりましたが、読み終わりました。五年前の本ですが、この内容通りに進んでいるかもと思わされる部分もあり新鮮でした。記事にまとめましたので、よかったらどうぞ。


2冊目:社会をよくしてお金も稼げるしくみのつくりかた――マッキンゼーでは気づけなかった世界を動かすビジネスモデル「Winの累乗」

Winの累乗。お互いの利益になるだけではなく、関係するすべての人たちに対するWinを提供する仕組み作りから広がった運動であることを学びました。

 

3冊目:親鸞(しんらん)(上) 【五木寛之ノベリスク】

非常にエンターテイメント性が高く面白く読み進めることができました。世の人々を救いたい心で少年時代から描かれる親鸞の実直さを感じ、遠い歴史の人物から、身近に感じる尊敬する人物へと変わりました。

 

4冊目:続・終物語 <物語> (講談社BOX)

続・終物語 <物語> (講談社BOX)

続・終物語 <物語> (講談社BOX)

 

色んな鏡の存在がまとめて出演。誰しもが持つ裏面を、こんなに面白く表現できるものなんだと思いました。安定の面白さ。

 

10月読書記録まとめ

統計の基礎を学びながら、これからデータ分析の分野の本を中心に学んでいこうと思います。どちらにせよ、今年ラスト2カ月。バランスよく読書ライフを過ごせるように読む本も選別しないと。

bamboocreater.hatenablog.com

bamboocreater.hatenablog.com